飲食店の集客する方法はいろいろある|ニーズに応える

レディ

店舗経営を効率化する機器

レジスター

売上情報を細かく管理

独立開業者がお店を開く際、導入すると非常に便利なのがposと呼ばれる店舗管理システムです。posは販売時点という意味の英語(point of sales)を略した言葉です。商品の売上状況を把握する際、営業時間修了後に手作業で集計したりするのではなく、会計を行うと同時に記録することで作業を効率化します。記録されたデータはさまざまな経営分析に活用することができます。この記録作業は、IT技術によって自動化されています。その中核をなすのが、posレジと呼ばれる機械です。posレジは上に述べたpos機能を備えたレジスターです。通常の金銭登録機能に加えて、データの加工や統計処理などを行うことができます。posレジによるデータ収録は、商品に付されたバーコードを読み取るなどして行います。会計時に商品名・単価・個数・販売日時などを自動的に記録することで、レシートへの印刷を行うと同時に、機械の内部にもそのデータを蓄積します。集められたデータは、店全体の売上動向はもちろん、商品ごと、ジャンルごと、時間帯ごとなど細かなカテゴリー別の販売実績を調べるのに利用できます。これを参考にして商品の入れ替えを行ったり、在庫調整を行ったりすれば、効率的でかつ時宜を得た事業運営が可能になります。また、posレジはさまざまな拡張機能を持っています。必要な外部機器を接続し、プログラムを追加すれば、クレジットカード決済やメンバーズカードの管理などにも活用できます。